Dreams come true 広島

気ままな広島人。それがどうした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

青春のかけら

最近、とんとご無沙汰している新宿歌舞伎町だが、学生時代は思い出深い町でもある。
最初に行った歌舞伎町では忘れられない経験をした。

広島の友人二人と初めての歌舞伎町を徘徊していると、小柄なおっさんが突然声を掛けてきた。
「兄ちゃん、おもろい写真があるで~」東京なのに何故か関西弁だが興味を引かれた。
「チョット見てみ~。足がからみ合ってるやろ。勉強になるで~」と写真の1/5、膝から下の足がもつれている写真をチラッ、チラッと見せる。
「あんたら学生さんやろ、普通は一組1万円やけど、5千円でええわ。」
「こんなん見て勉強せなあかんで~、ここは、おとろしい街やで~」
「どや!あんたらやったら4千円にしといたるわぁ」と、実にテンポがいい。

途中、「安くして」だの「もっと見せて」だの話をしたが、既におっさんのテンポに嵌っている。
結局2千円で折り合いがついたが、元値の1万円が何故そのようにダンピングされるのか疑問も持っていない。
一人が支払いをしている間に封筒を受け取り、写真を見ようとすると…
「アホか!こんなとこで出してどうすんねん。皆捕まってしまうやろが!」と一括。
「そりゃ~、そうじゃ」と、妙に納得しお金を渡した。

後で見てみると…
相撲の写真…
確かに相撲の勉強にはなる…
足も絡み合っている…
男女とは言っていない…
捕まるとしたら著作権の問題…
今時、こんな古風なサギに引っかかるのは、わしらだけじゃろうな~

アホじゃのぉ~



今もかぁ…

大学受験合格喜びの声
スポンサーサイト

テーマ:ヲタクのメモ - ジャンル:日記

広島 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。