Dreams come true 広島

気ままな広島人。それがどうした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

相撲界の大麻事件

角界が大麻で揺れている。

いつもならシャシャリ出てくる女性作家や漫画家も口をつぐんでいるようだ。

大麻の陽性反応がでたらしいが家宅捜索では何も発見されず、警察も動き出す気配はない。
99.999%本人が吸ったようでも、本人が否定し証拠もなく間接吸引の可能性がある限り起訴は出来ない。
大麻取締法では、「大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない」とあるだけで、吸引には触れていないのです。

解雇でもしようものなら断固として戦うでしょう。
そして解雇無効と慰謝料請求されるのが落ちですね。
だって警察が起訴できない位なんですから…


ちゃんと決まりを作らないからです。
ドーピングも含めて抜き打ち検査を行うことにして、
1.拒否すれば解雇。
2.禁止薬物がでれば最初は警告、二度目は休場、三度目は解雇
という風に決めればいい。

ルールを決めることなく理事長辞任だ解雇だなんて法治国家ではありません。
それを煽るマスコミが一番問題なのでしょうがね…
スポンサーサイト

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

news | コメント:0 |
<<ささやかな楽しみが… | HOME | イチローの見てるモノ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。