Dreams come true 広島

気ままな広島人。それがどうした!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガンバレ!マネージャー

息子は高1で野球部。
日曜日はS工との練習試合でした。

息子のM高のエースは肩を痛めたため、
息子も投げていました。

ノーコンで有名な息子に市工の選手は腰を引き気味…
キャッチャーもショートバウンド等で大変です(--;)

でもこの日は違ってました!
なんと4球連続でストライクが入ったり、
3連続三振を取ったりで奇跡のピッチングでした。

理由は監督の一言
「真ん中に構えとけ!ボールは勝手に散る!」
さすが監督、構えた所に行かないことをよ~くご存じです。

エース不在のため息子も投げたのは3回だけで
ファーストやセンター、キャッチャーまでもがピッチャーをやらされてました。


広島もとても暑かったので大変なのはマネージャー。
氷も直ぐにとけてしまうので、何度もコンビニに買いに行っていました。

男子校だった私にはこの三人の女子マネージャーが、と~っても羨ましい…

でも大変だよね。
選手より先に来て、
帰るのは一番最後。

臭いタオルの洗濯や球のクリーニングなどなど。
何が楽しくて出来るんだろ?
バテバテの選手と違ってキビキビ動くマネージャーには、本当に感心しました。


でも、何が楽しいんだろ…
頭は下がりますが、不思議ですね。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

独り言 | コメント:0 |

「くいだおれ太郎」さん

大阪道頓堀の名物「くいだおれ」が閉店した。

私が大阪で働いていた頃、道頓堀を歩けば必ず「くいだおれ太郎」さんに会えた。
会えたというのは変だけど、歩けば必ず目に付く人形でした。

いつから、太郎さんと名前が付き、次郎さんが出来たかは知らないけど、
59年の歴史に終止符を打った事は、妙に寂しい気がして来る…

9日の新聞やTVニュースにも紹介されたが、最近は大盛況の様子だった。

それなら大阪らしく「閉店セール」と銘打って1年位続けても良いのに…
なんて思ってしまいます。

でも、ささやきで息子を操る事のない会長には無理な事なんでしょうね。


一番覚えているのは、阪神が優勝した時、カーネル・サンダース人形が道頓堀に投げ入れられたが、この太郎さんは無事だった。
翌日、太郎さんには「わては、泳げまへん」と書いてあった。
大阪人らしいユーモアは、女将の人柄なんだろうね。


今後の動きが気になる存在ではあります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

news | コメント:0 |

おもろい子供。

今日、ALSOKホールの前を歩いていたら、
小学校中学年の男の子と30前後の母親との親子が歩いていました。

ALSOKと言えば井上康生さんCMがありますが、
昔の広島郵便貯金会館が今はALSOKホールに名称が変わっています。

私は、まだピンときませんが(^-^;

080616.gif

すぐ近くを通りながら、その息子が一言

「母ちゃん、どうしてアルソックホールの「く」だけ平仮名なん?」

「ロゴがつながっているだけ…、ん?? ほんまじゃっ!!
 平仮名じゃ!」


ふり返ってみんなで大爆笑!!!(^▽^)

子供の発想の自由さは素晴らしいですね~

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

独り言 | コメント:0 |

おかげさまで…

お年寄りから
「おかげさまで、ありがとうございます。」なんて言われると、

気恥ずかしいような、
それでいて、ほのぼのとしたような気分になってくる。

自分に対するお礼だと思っていたけど
先日の法事でお寺さんが仰るには、
「御陰」「御蔭」と書き、
神仏の加護に対する感謝の言葉なのだそうだ。

そういえば、お年寄りが「おかげさまで…」と言いながら、
手を合わせる姿は神仏に対するものだよね。

最近はあまり使われないが
心が温かくなるこの「おかげさま」
ず~っと残していきたい言葉だと思う…


この気持ちを忘れていたのがミートホープと丸明だね。

ミートホープと丸明の共通点、
それは
ミートホープの看板の牛と、
丸明の玄関にある牛の銅像。

どちらの社長も気にしてたんだよね。
豚肉混ぜても偽装しても、牛肉でありますようにって看板に頼んでたんだ。


これからは気を付けましょう。
リアルな牛の看板・銅像・写真を使ってる肉屋は「危ないぞ」ってね…

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

独り言 | コメント:0 |

ここはどこ?私は誰?

大竹

日曜日は叔父の13回忌。
多くの親戚が集まり大変でした。

東広島の奥、高屋町の農家で、長男の父を含め5人兄弟です。
叔父の子供は三人娘で、それぞれが早婚、
その娘達がまた早婚だったので5人のちびっ子達が
走り回り、泣き、笑い、にぎやかな法事となりました。

田舎の法事と言えば大宴会が付きもの。
ビールから始まり最後は焼酎と、しこたま飲まされ…

11時から始まった法事も気が付けば5時、
慌てて駅まで送ってもらい、帰途につく事ができました。


広島までは快速で40分弱、

途中の信号故障で停まってしまい、

いつの間にか熟睡…


人のざわめきにふと目を覚ますと広島駅を発車したばかり(T_T)

次の駅で降りてもタクシー代はほとんど変わらないと思っていたら、
停まらない!
次の駅にも停まらない!

そして快速に乗った事を思い出す…


やっと降りた駅は岩国駅の手前の大竹駅。
もう少しで広島県を出てしまう所でした。

写真は広島行きの快速が出たばかりの閑散とした大竹駅です。


やっと自宅に付いたのは8時過ぎ。
長~い一日でしたね(..

テーマ:自分らしく - ジャンル:心と身体

独り言 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。